第九回重たいゲームの特別例会(2014/02/09)

久しぶりに重ゲの特別例会を企画しました。
12時間半の枠を押さえまして、普段は遊べないゲームを
この機会にやりましょうという企画内容です。
前日からの吹雪にも関わらず、25名の方にお集まりいただけました。
初参加の方も2名いらっしゃいました。

たぶんこの日のメインはこれ。
ディプロマシー」から。





3卓体制です。
これだけ場所使いますが、プレイヤーは7名ですから。
交渉テーブルにもコレは必要なのですよ。

1902年春はこんな感じ。



ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、チュニスに軍隊がいません。

1903年春。
まだノルウェーに軍隊がいません。
そしてバルカン半島ではジャガーノート作戦発動。
今調べてみたんですが、この言葉はウィキペディアにも掲載されてるんだねぇ。



1904年春。
全てのサプライセンターが埋まりました。
西側が日和見を続けたため、露土連合の進行のみが目立ちます。
二重帝国は青息吐息。



1905年春。
オーストリア?
しらないなぁそんな国。
順調に伸びる露土に対抗できるかどうかが焦点ですが・・・



1906年春。
イタリアがフランスに噛み付き、その後背をトルコに襲われる図。
そしてイギリスがドイツに2つの補給地を奪われ、本国だけになっています。
ロシアの西進も続いております。



1907年春。
フランスはイタリアに食われてますが、イタリアの国土は増えていません。
その分トルコに取られているから。
うっかりポルトガルにイギリスがいたりして。



1908年春。
遂にイギリス本土にドイツが侵攻。
イタリアは退却フェイズでうっかりパリへ。
国土は増えたけど、本国がないので軍隊が増えません。
フランスは軍港を残すだけとなっています。



1909年春。
フランスを壊滅させたのがイギリスだったりして。
そのイギリスも本国がありません。
イタリア、イギリスは何とか生き残っています。



1910年春。
イギリスもボード上から消え、イタリアはポルトガルに亡命政権を
作っていますが、虫の息でしょう。
ゲームの終了が見えてきました。



1911年春。
ヨーロッパはロシアとトルコにより、和平が結ばれました。
ロシアの都市は10、トルコが13を保有しております。
最後の交渉のテーブルで蹴落とされたドイツ。



9時集合で終了したのが16時半くらいだったかと。
なかなか遊ばないゲームですし、好き嫌いは激しく分かれると思いますが、
一生の記念に一度は遊んでもいいんじゃないでしょうか?

それではそれ以外のゲームも。
ロシア鉄道」ですね。



袋小路でも遊ばれるゲームです。
重いかどうかは、ちょっと判断分かれるかもしれません。

定番の「プエルトリコ



ACPでもよく遊ばれていますね。
歯応えのある開拓ゲームです。

セブンワンダー」は時間調整用かな?



これはコンパクトバージョンです。
なので通常サイズのスリーブで入るんですよねー

ドミナント スピーシーズ」です。




この辺のゲームだと「重たいなぁ」って素直に思えます。
私も持っていますが、ルールが多すぎてまだ読みこなせていないのです。

まちがいなく重量級「スルージエイジ




実はディプロマシーと同じくらい時間かかってます。
ショートゲームじゃないからねぇ。
だけど”重たいゲーム”って感じがしますなぁ。

ブレマーハーフェン」もありました。



このクラスが普通に見えるのがこの日の特徴です。
一番多くて4ゲームやった人がいたそうですが、
参加者平均だと2ゲームくらいなんじゃないでしょうか?
4ゲーム遊んだ人は『ライトゲーマーなんじゃねぇの?』って言われてましたが。

シヴィライゼーション」登場。




こういう会にはなくてはならないゲームですなぁ。
PCゲームで有名ですけど、4人プレイで3人がPCでのプレイ経験なしというのも珍しい。
勝ち方は様々ありますけど、途中でどれかに絞らないといけませんよぉ。

お馴染みの「アグリコラ



同じメンバーで3ゲームほど。
ACPではお馴染みの隔離卓でございます。

実はダイスゲーム「ジェノバの商人



もちろん交渉ゲームでもあるのですがね。
これは新しい版なんでしょうかねぇ?
私が知ってるのとボードが違うようなので。

国富論」も登場。



1度のプレイはお試しで、2回目以降が本番かも知れません。
だって1回目より2回目の方が確実に上手くプレイできるようになりますから。
殆どのゲームがそうでしょうけど、これはそれが顕著に出るんですよ。

フランシスドレイク」でしょう。



このゲームを遊ぶときに「時間調整で」って聞こえたような気がしたけどなぁ・・・
ふつーのゲーム会では充分にヘビィ級のゲームですけど、今日だけはそうじゃないよって
だけの話であることを皆さん忘れてませんかね?
いや、皆さん意気込んで来たんじゃないかとも思えるんですよねー

ACPでよくある「アグリコラ



こちらはインスト卓です。
タイマーが映り込んでますが、気にしないでください。
・・・やはり柵事故は痛いなぁ。

本当の時間調整「フォッペン



雑誌の付録じゃありませんよぉ。
負けちゃいけないトリックテイクです。



抜けたゲームはたぶんない。
だって遊んでるゲームの数がそんなに多くないし。



私がよく『二次会が本番』と言ってますが、どんなことをしてるのか?
こんなことをしてるのです。




サイゼリヤでマグナム2本空けてました。
これで2千円なんですよね。



こんな感じで盛り上がっています。
どんな話をしているのかは、mixiやらblogに掲載してますけど、
その場にいた人しかわからないように書いています。
おおっぴらにできない話もありますが、ふつーのお話もしてますよ。



それでは袋小路の今後の予定。

第二十一回ACP練習会@茗荷谷

2月22日(土) 13:00〜21:30


第120回定例会@池袋

3月9日(日) 13:00〜21:30


今回のイベントは初心者向けではありませんでしたが、
ACP練習会も定例会も初心者向けであります。
(もちろん猛者の方には隔離卓がございますが)
ですので、皆様のご参加をお待ちしております。