さよ姫をお祀りした 親郷山瓔楽院と、しゃくなげの里 花林苑
憩いと安らぎのしゃくなげ寺真宗真言南無尊宗 親郷山瓔楽院
 
親郷山瓔楽院とは
瓔楽院内の紹介
甚勝大師のメッセージ
御祈祷
花林苑ご案内
しゃくなげ栽培
お問い合せ
交通アクセス
リンク集
 
ネット会員限定サイト
ふれあい親郷山ブログ
 
南無尊宗 親郷山瓔楽院
 〒849-3121
 佐賀県唐津市
 瀬戸木場471-2
 TEL 0955-63-4424


 
トピックス 一覧表示を見る

 暫らくお休みします、変わりはブログで書いています、其方の方を観てください、数年経てば、癒しの森と成って皆さんに開放したいとシャクナゲを育てています、又、供養等の仏事は受け付けていますので、水子供養等やご先祖の年会供養は行っていますので御気楽に御相談下さい。 

 

クリックで拡大

灑瓔姫ロマンと花林苑

瓔楽院と夫婦神宮の由来  この院(寺)は、釈迦如来の御教を倭の地にて教受なされた賢(かたし)を開祖として、正治2年(西暦1200年)頃、甚勝という坊が祀った。その後賢の父貞吾(じょんお)と母灑瓔(さよ)をお祀りするようになり、いつの日からか夫婦円満、子宝に恵まれるご利益が言われるようになりました。この院宮は悲女山(現在の女山)側にあった祠を平成10年9月17日に移転再建しました。
 
 
癒しの郷花林苑  花林苑の花達は先人達が願った平和と幸福を今に伝えるために咲いています。春の花祭期間中はしゃくなげ・桜などが咲き、広さも約12,000坪ぐらい有り山菜等もあります。天山山系北西には玄界灘を、南東には有明海を展望できます。ゆっくりとくつろいで頂くために、花を見ながらの食事もとれるように、手打ちうどん・どじょう汁・ラーメン・焼き鳥を準備しております。洋風の食事に必要なパンを焼くために石窯も作りました。
 
 
 ≫プライバシー・ポリシー Copyright(C) Shingozan Yourakuin. All rights reserved.